BBのブログ

ビットコインの記念日は5月22日

ビットぶりっ子です。

ビットコインの記念日って知ってる?その記念日には、みんなピザを食べてるんだよ🍕🍕

 

ビットコインの取引の始まりはある米フロリダ州のプログラマーがメーリングリストで「誰かビットコイン1万枚とピザを交換しませんか?」と投稿したのがきっかけだと言われています。そこでPapa John’s Pizzasというピザ屋さんが二枚のピザと交換しました。ピザ一枚は約10ドルで1万枚のビットコインとピザ二枚20ドルが交換されました。

2010年5月22日にこの出来事があったので、5月22日はビットコインピザデーと言われるようになりました。

 

でもね、この話、実はもう一つの話があるんです。上の話だと、プログラマーがピザと交換しようよって投稿して、ピザ屋さんがピザを売ったみたいな話なんだけど、本当のところは、プログラマーが1000ビットコインとピザを交換しようと投稿しました。ここまでは一緒ね。

そのあと、その投稿を見た別のプログラマーが、ピザを注文して届けたというのが本当のストーリーみたいです。

 

米フロリダのプログラマー ⇨ 別のプログラマーが電話で注文 ⇨ ピザ屋さんが配達

 

ここでよく話題に上がるのが、ビットコインの当時の価格と今の価格の比較です。

当時、ピザは一枚10ドルだったのでピザ二枚は20ドル、それと1万枚のビットコインと交換されたわけですが、2017年6月の1ビットコインの価格は約30万円です。つまり、1万枚のビットコインだと約30億円です。

当時はピットコインに値段がなかったものが今だとxx億円と話題になります。

ちなみに、ピザとビットコインを交換しようと投稿したプログラマーのコメントを見つけたのですが、「当時のビットコインの価格はあってなかったようなものでピザと交換することの方がカッコよかった」と言ってます。そして、ビットコインがここまで高騰するとは思っていなかったそうです。

まとめ

  1. ピットコインと物が最初に売買されたのは2010年5月22日
  2. アメリカのプログラマーが依頼して、別のプログラマーが代わりに注文した
  3. ピザ屋の名前はPapa John’s Pizzas
  4. 価格は1000ビットコインとピザ二枚
  5. 当時のビットコインの価格はあってなかったようなものだけど、現在だと30億円(2017年6月現在)
  6. この出来事がきっかけで毎年5月22日はビットコインピザデーとなった日本でも、5月22日にビットコイナーたちがピザを食べている写真がツイッターに上がったりして、この話題が出てくるんだよ。






URL :
TRACKBACK URL :
Return Top